FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本日は、住いの買換えについて、売り買いどちらを先にすべきなのか?
読者の皆様も関心がお有りになると思います。
ではご説明致します。
まず、住まいの買い換えでは、自宅の売却=「売り」と新居の購入=「買い」という2つの手続きが重なります。同時にできるのが理想的ですが、なかなか現実はうまくいかないものです。さあ、どちらを先にするのがいいかは、そのときの市況によって変わりますが、まず地価や中古相場が値下がり傾向にある時期は、売れるのが遅いほど価格も下がります。また購入先が急に値上がりする心配もありません。したがって「売り」を先にするのがセオリーです。しかし、地価や中古相場が値上がり傾向にあるなら、その逆で「買い」先行パターン。購入先は価格が上がらないうちに早めに買う。自宅は、後になるほど高く売れる。もっとも、明らかに相場が上がったり下がったりしてるとは限らない。また「買い」を先行させたくても、資金繰りの関係で難しいかもしれない。現実には、自宅がいくらで売れるかの目処を立てて売却の準備を進めながら、購入先を探し始めるというのが、いつの時期でも無難な展開といえるのではないでしょうか。

※売出価格とは
中古一戸建てや中古マンションの物件広告などに出ている価格のことを「売出価格」という。新築分譲の販売価格とは少しニュアンスが違う。というのは、中古の場合、売主は個人であることのほうが多い。仲介会社に査定を依頼し、その結果出た査定価格に、いくらで売りたいかという売主の希望を考慮に入れて、最終的に売出価格を決めるという流れだ。急いで売りたい時は少し低めに、余裕のある時は高めの価格で出すこともある。

城南エリア(品川 大井 大森 蒲田)/東京都心部(白金高輪 白金台 高輪台)のお部屋探しは 仲介手数料0、の株式会社ウィングにお任せ下さい.
http://wing-1.co.jp 特選物件プロ


次回は、買い換えで行なわれる「同時決済」についてお話致します。
暑さ真っ盛りですが、頑張って行きましょう。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















takashi kawamata

Author:takashi kawamata
FC2ブログへようこそ!

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。